四季折々のの味わい

 
新鮮な素材を使った
 当館自慢のお料理を
 味わっていただけます。
 料理長が心を込めて
 奈良の味覚をお出しします。
 旬のおもてなし。


そもそも義経鍋の起源はいまを距ること八百年昔文治元年、
兄頼朝の怒りに触れ義経主従九人が頼朝追捕の手をのがれる為、
ここ大和磯城郡の内多武ノ峰南院藤室の十字坊に身を潜めるに始まる。
追捕を受け流転の身、寒さと飢えに弱る主従九人の身を案じ、
十字坊が藤室の八弟子文妙、文実、楽達、楽園、道徳、拾悟、道徳、
拾禅に命じ、強精栄養食として食用方を案出させたのが、
義経鍋のそもそもの起源である。
その美味強精はいわんかたなく多武ノ峰を去った後も
常に若々しくその迅速なる行動、精神、強い体力の保ちえる
源泉をなしたと伝承される。


名物 義経鍋

大和観光料理百選第一位に輝く美味強精な味わい


戻る